ブランド中毒

ダイヤモンド、ダイヤという宝石について

ダイヤモンドとは宝石の一種で、炭素の同素体で、天然の鉱石です。天然の物質の中では最も硬いといわれています。宝石として価値の高い無色透明のダイヤは全体の中の1パーセントから2パーセントほどであり、希少価値が高いです。 高温と高圧の環境によって形成される鉱物なので、地下深くで生まれてきます。 四月の誕生石とされています。また、婚約指輪の際に選ばれることも多いです。 ダイヤモンドのカットの仕方にはブリリアントカットが用いられ、このカットの仕方だと光の反射によりとても美しい輝きとなります。その輝きはシンチレーション、ブリリアンシー、ディスパーションという三つの種類の輝き方の相乗効果によって生み出されます。 ダイヤには色のついたカラーダイヤモンドもあります。ダイヤは通常、無色透明なほど価値が高いですが、ブルーやピンクなどの色は希少価値が高く、無色透明のものよりも高値で取引されます、また、低級で安価に手に入るのはイエローダイヤモンドです。